導入事例

株式会社橋本組 様

株式会社橋本組様 (静岡県焼津市)
http://www.hashimotogumi.co.jp/
【業種】 建設・工事業
【従業員】 120名

導入目的

社内コミュニケーションをより良くするため

ex01_Photo01
「社内コミュニケーション改善のために、様々なグループウェアを検討してきたが、なかなか自社にマッチするものが見つからなかった」と話す橋本組専務の橋本様。

かねてからSNS に関心を持っていた橋本様は、「SNS を社内のコミュニケーションツールとして利用できないか」と考えていましたが、機能やセキュリティの面から、一般向けのSNS をそのまま社内で利用するのは難しいと感じていたそうです。

そんな時に出会ったのが社内SNS「nanotyBP」。コミュニケーション活性化という目的はそのままに、より業務に役立てることができる社内SNSを目指し、運用をスタートしました。

「まずは毎日見る習慣を」。少しずつ社員の理解を深める

ex01_Photo03橋本組様では、初めから社員が日報やコメントを書くのではなく、まずはnanotyBPにアクセスする習慣をつけることにしました。
会社からのお知らせを掲載したり、社内情報を集約したりして、社員にnanotyBP を毎日見るよう呼びかけ、少しずつSNS への理解を深めていきました。

◆ 橋本組様のnanotyBP 導入から本稼動まで

  • 社内SNS に掲載しているお知らせ(社内報)の閲覧を呼びかける
  • 一部の部署で日報の記入を開始する
  • 日報を書くよう、全社員に呼びかける
  • 約1ヶ月のテスト期間を経て、全社員参加しての本稼動へ

nanotyBPを導入して・・・情報共有だけではない、暖かい交流が生まれた

ex01_Photo02橋本組様のnanotyBP が本稼動してから約1ヶ月。現在ではほぼ全ての社員が毎日利用しています。日報をベースとした社員同士の交流は、情報共有を進めるだけでなく、人間味のある暖かいコミュニケーションを可能にしました。

日報を通じて共通の話題が生まれ、社員同士が話をするきっかけになったり、互いにコメントを付け合うことで上司・部下の会話がスムーズになったりと、職場の変化が目に見えて現れたそうです。

橋本様は「nanotyBP を通じて社員との意思疎通を今まで以上に図っていきたい」と意気込んでいます。

※nanotyBPはnanotyの旧名称になります。

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj
ページトップに戻る