スタッフトピックス

入社2年目社員が振り返る「nanoty」

昨年、nanotyを運営するサンロフトには2人の新入社員が入社しました。もちろん社内では毎日nanotyを活用して日報を登録したり、他の社員の日報を見たりしてきました。入社から一年が経過して、nanotyを使い続けてみてどうだったのか、インタビューしてきました!

IMG_2453
昨年入社した営業の望月さんと広報マーケティング室の芦川さん!

入社して初めて「日報」を知り、一年間書いてみてどうだった?

芦「もともと日報は項目が決められているものだと思っていた。nanotyは決まった項目もなく自由に入力できるところがいい。仕事も振り返ることもできるので助かっている。

望「訪問してきてそのとき感じたことを振り返れる、そのときの熱量をそのまま日報に残せるのが良かった。感情を記録することができるので、結果や課題をまとめた議事録とは違う記録となった。

先輩社員の情報はnanotyで調べていた?

IMG_2452
芦「日報一覧で先輩社員の名前と顔を確認していました。日報の提出が遅れている先輩社員はなかなか顔を覚えるのが難しかったです…

先輩社員の日報を読んでみてどうだった?

望「フリー入力なので、書き方でそれぞれの先輩社員の性格や個性を見ることができました。用意された項目に回答するだけの日報ではここまで確認できないと思う。

芦「毎日日報を読むのが楽しみな人もいます。
望「日報を追いかけていくのも楽しい!あの件どうなったんだろう〜とか。こうやって解決したのか!など勉強になることが多々あった。

芦「初めてやる作業を日報に書くときは、先輩の日報を参考に書いてました。
望「言葉の使い方や言い回しがが勉強になったり参考にしたりした。真似して書くことが多かった!同じプロジェクトのメンバーでも捉え方が違うので、それぞれの考えをまとめやすい。

日報にコメントが入ったり、いいね!が付くとどうだった?

※コメントについて
芦「日報にコメントがつくと嬉しかったり、時には励まされている(励みになっている)
望「ちゃんと日報を読んでもらえていると思うと嬉しい。

※いいね!について
望「やっぱりたくさんもらえると素直に嬉しい!
芦・望「いいね!がたくさんついている人の日報は何を書いているのか気になる!!「いいね!」の数が入社した当時より、全社的に伸びている。入社した頃もらっていた「いいね!」の最大数よりも多い「いいね!」がもらえている!

nanotyを使っていて便利だと思ったこと

IMG_2448
新入社員は電話の受付担当となるサンロフト、日々の業務の中でもnanotyは役立っていた。
芦「電話対応でこちらの担当者が分からないときに、日報のキーワード検索をして担当者が簡単に探せる。
望「お客様名とその担当者が毎日の日報から分かってくる。

芦「あとは未読の日報だけ一覧表示できる機能があるのも便利でした!一度に全ての社員は見れないので、見れていない社員の日報が判断できるのが良かった。

望「お気に入り機能も活用している。参考になるような先輩の日報をお気に入りに登録して、いつでも振り返れるようにしている
芦「お知らせ系や規則などをまとめられた日報はお気に入りにしている

望「最近ではコミュニティを見るのが楽しみになってきた!!入社当時はコミュニティには議事録や社内での連絡事項のみと、どちらかというと硬い情報が多く掲載されていた。最近ではやわらかい情報がたくさん登場して、これまでより読みやすくなった!

2人もコミュニティ記事に投稿したことはある?

望「会員を集めるお仕事で、目標達成するための速報としてコミュニティを活用しました!社員全員で盛り上がれたこと、結果として目標達成できたことが印象に残ってます!!

芦「さぶろくキッチンは読んでて面白いです!
芦「広報マーケとして企画した「ミステリーランチ」も盛り上がっていて、見ていて楽しいです!

※さぶろくキッチンとは
サンロフトの社員がよく利用する会社の近くにあるランチができるお店情報がまとめられた「ぐる◯び」のような情報です。
※ミステリーランチとは
ランダムで選ばれた2名もしくは3名が、お昼を一緒に過ごし、いろいろなアイデア出しをする活動です

サンロフトは2月に新しいオフィスに引っ越したこともあり、様々なイベント情報がコミュニティの中に投稿されるようになりました。また、これまで特定の社員のみが記事を投稿していましたが、現在では様々な社員がコミュニティに記事を投稿するように変わってきました。

もっとこんな機能があればいいのにと思ったこと

芦「プロフィール機能がほしいです。
望「本日は○○さんの誕生日ですみたいに表示してもらえると嬉しい。
芦「あとはアプリにしてほしいです!

アプリ化は特にプッシュ通知のご要望が多いですね。nanotyチームではスマートフォンへの対応についても検討を進めています。アプリ化しなくてもプッシュ通知が送れる仕組みを考えていきます。

一年間nanotyを使い続けてきて、単なる日報システムではなく、様々な場面で新入社員の成長の助けになっていたことが分かりました。またインタビューをしていて日報を書くことへの抵抗やマイナスイメージが少なかったようにも思えます。2人はサンロフトに新入社員として入社しましたので、紙に書く日報を知りません。今nanotyで出来ていることを、紙で行った場合どうだろう?という想像もしてみました・・・全社員の日報が毎日バインダーで回ってくる・・・
私も含め、2人も絶対nanotyが良いという結論になりました。

14日間フル機能が使える無料体験

tbbn
nanotyでは14日間ご利用いただける無料体験版を用意しております。
体験版でも全ての機能がご利用いただけ、ユーザーサポートも行っております。体験期間中に何かご不明な点や使い方のアドバイス、現在抱えている課題をnanotyでどのように解決できそうか?など様々なご質問、ご要望にお応えいたします。ぜひこの機会に、nanotyの日報機能、社内の情報共有ができるコミュニティ機能を体験してみてください。
※今回紹介させていただきましたスケジュールオプション機能も、ご連絡いただければ体験版の環境に導入させていただくことも可能です。

無料体験版は、上記バナーもしくは下記のボタンよりより申請フォームへお進みください。

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj
ページトップに戻る