スタッフトピックス

日報管理の煩わしさから解放

こんにちは
nanoty運営スタッフの望月です。

nanotyを検討されているお客様から頂く質問に、「誰が日報を提出していないか分かりますか?」という内容を多く見かけます。詳しく話を聞いてみると、そのお客様は紙で日報をつけており、提出された日報を人別に確認し、Excelでリストにまとめていると話をされていました。作業時間としては1日1時間〜1時間半ぐらいかかるそうです。

紙で提出されたものを個別にチェックしていくのはさすがに時間がかかりますよね・・・チェックした後に、さらに提出するよう未提出者に連絡を入れるそうです。

nanotyでは日報提出状況を確認できる機能を持っています。日別に表示され、誰がいつ提出していないかすぐに把握できるようになります。これにより、これまで行っていた作業を省き、未提出者にすぐ連絡が入れられるようになります。

1日1時間の作業として、1週間(5日間)で5時間。1年間で240時間(30営業日時間)も別の作業ができるようになります。

今回相談をされたお客様でもnanotyをご導入いただき、その後の日報記入状況について確認したところ、無駄な作業時間が短縮され、他の作業に時間を使えるようになったというお声をいただきました。

普段の業務の中でちょっとした手間になっている作業を、システムを導入し自動化することで、業務の効率化に成功することも多々あります。同じような悩みや課題をお持ちのお客様もぜひご検討ください。

14日間フル機能が使える無料体験

tbbn
nanotyでは14日間ご利用いただける無料体験版を用意しております。
体験版でも全ての機能がご利用いただけ、ユーザーサポートも行っております。体験期間中に何かご不明な点や使い方のアドバイス、現在抱えている課題をnanotyでどのように解決できそうか?など様々なご質問、ご要望にお応えいたします。ぜひこの機会に、nanotyの日報機能、社内の情報共有ができるコミュニティ機能を体験してみてください。
※今回紹介させていただきましたスケジュールオプション機能も、ご連絡いただければ体験版の環境に導入させていただくことも可能です。

無料体験版は、上記バナーもしくは下記のボタンよりより申請フォームへお進みください。

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj
ページトップに戻る